KING GEORGE HOME MADE × Bob Foundation Interview

KING GEORGE HOME MADE x Bob Foundation

毎日持ち歩けるアートピースであり、ライフツールでもある

KG_homemade_00001HM_1280x853_05

特別な時間の過ごし方としてアウトドアが身近になり、キャンプブームとも言われる昨今。場所を選ばずに食べられるサンドイッチは、ピクニックやキャンプのお供として改めて注目されている。

KING GEORGEの原点と言える国・イギリスでは雨が多いため、晴れた日にはピクニックがスタンダード。ピクニックウェアも多数存在する。そんなKING GEORGEのホームタウンは代官山。あまり知られていないが、都市公園数の数が東京で第一位。そこで生まれたのが、東京らしく、KING GEORGEらしく、ピクニックを演出できるバンダナの制作。風呂敷のようにサンドイッチを包むことに始まり、拭く、結ぶ、敷く……融通に応じて日常的に活用できる「HOME MADEレーベル」としての初めてのプロダクトがリリースされる。

KG_homemade_00001HM_1280x853_04

まるでレコードを選ぶように

毎日好きなバンダナを選んでもらえたら

デザインは、ピクニック文化が根付くイギリスにルーツを持つクリエイティブグループ、Bob Foundation。バンダナのテキスタイルには4分割のグラフィックが採用され、柄の上には味わいのあるイラストでサンドイッチの作り方が描かれている。ポイントは、平面のアートワークが何かを包み立体化されると、違った表情をみせてくれるところにある。Bob Foundationの洋美さんに、プロダクトへの想いを聞いた。

KG_homemade_bob_1280x853_01

KG_homemade_bob_1280x853_02

「ロンドンから帰国したばかりの頃に『WRAP IT!』という何でも包んでしまおうというエキシビジョンをやりました。ロンドンではラッピングペーパーが身近にあって、自由に包んでプレゼントすることが習慣となっているんです。このイベントを機に、Bob Foundationが作る日用品のブランド『DAILY BOB』というレーベルを立ち上げて、そこからラッピングペーパー、ギフトカード、そして日本人に親しみのあるバンダナシリーズなどの自分たちのアートワークが落とし込まれたプロダクトをリリースするようになっていきました。バンダナは風呂敷のように何かを包んでもらってもいいですし、ハンカチとして使ってももらってもいい。まるでレコードを選ぶように、今日持ち歩くバンダナを選んでほしいなって思っています」

KG_homemade_00001HM_1280x853_02

KG_homemade_bob_1280x853_03

KG_homemade_bob_1280x853_04

サンドイッチだけでなく、お気に入りのお弁当を包んで公園や好きな場所に出歩く。デイリーなライフツールであり、アートピースでもあるKING GEORGE HOME MADE × Bob Foundationのバンダナで、特別なランチタイムを。


<KING GEORGE HOME MADE>
私たちは、EVERYDAY EXTRA ORDINARYを掲げ、そのものの本質を捉えた「あたりまえ」を積み重ね、日常に溶け込みながらも「特別な日常」の提案を目指しています。その想いから生まれる特別な価値にフォーカスした特別なレーベルが、素材のルーツとストーリーを大切に表現する「KING GEORGE HOME MADE」です。サンドイッチをバックボーンに幅広い視点を通じてKING GEORGEの世界観を提案していきます。

<Bob Foundation>
朝倉充展と洋美によるクリエイティブユニット。イギリスCentral Saint MartinsCollege of Art & Design卒業後、2002年にBob foundationを設立。アートディレクション/グラフィック/イラスト/壁画/ムービーなど多岐に渡り活動。オリジナル日用品ブランドDAILY BOBの運営も行う。興味のある題材を見つけては分野を問わず研究する毎日。「プロフェッショナルな図画工作」がモットー。
https://www.bobfoundation.com


KING GEORGE HOME MADE x Bob Foundation Picnic Bandana

品番:00001HM-0001
価格:1,870円(税込10%)
素材:Cotton 100%
サイズ:約52cmx約52cm
2019年9月20日(金)から店頭・公式オンラインストアにて販売開始

オンラインストア:https://kinggeorge.stores.jp

Text:Ryo Muramatsu
Photo:Eriko Nemoto

BACK

Comments are closed.

Post Navigation